読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子持ちペダル、子育てもヒルクライムもマイペース。

横浜在住のロードバイク乗り。仕事と子育てと趣味をいい感じにできたら

合宿に向けチューブレスタイヤに交換

自転車アイテム 備忘録 メンテナンス

チューブレスタイヤとはその名の通りチューブが無いタイヤの事です。


f:id:komochipedal:20160411234343j:image
 
チューブが無い事による様々なメリットが云々かんぬん、ある様です。
軽くなるとか、リム打ちパンクやバーストのリスク低減とか。
 
 
タイヤなんて普通の(クリンチャーね)で充分、チューブラーやチューブレスに関しては難しそうなので避けていたけど、ショップの店長がやけにチューブレス・チューブラー推しなので試してみました。
 
 
手持ちのホイールはレーシングゼロ2Way。
 
以下のサイトを参考にしました。
 
 
それにしても硬い硬い。
これは嵌めるのが無理と中断し、次の日レバーを買ってきたけど使い所がよく分からず、結局は手で嵌めることに。
前後で2時間近く頑張りました。
 
備忘録としてコツ、というか手順を。
①タイヤをよく伸ばしておく。
 
②片側のビードをバルブと反対側から嵌めていく。
 
③もう片方のビードをバルブと反対側から嵌めていく。
※必ずバルブと反対側から嵌める。
 
④もう片方のビードをある程度嵌めたら、両側のビードをリムの中心部の溝に落とし込む。
ビードビードをくっつけるように、両側から指でつまんで押して、リムの中心部に落とす。
 
f:id:komochipedal:20160411234635j:image
これだとタイヤが右に寄っています。(左側のビードが中心に落ちていません) 
 
タイヤの構造を考えると、リムの周長に対してタイヤのビートの周長がギリギリとなっています。
そのためビートをリムの中心部に落とし込んであげると、その分だけマージンが生まれるので、これでなんとか嵌ります。
 
公式のサイトに石鹸水を使うように書かれていましたが、これはイマイチ意味が無いような気がしました。
 
 
ちょっと乗った感じでは凄く良いです。僕史上最も回る気がします。
 
けど交換前は2年もののコンチのゲータスキンなので果たして比較になるか。 
さらにその前はCAAD10+レーシング3+コンチの4000Sですが、
ホイールもバイクも変わっており、かつ今までは23C、今回は初めての25Cで、これまた比較にならない様な。
 
 
それでもこれで週末のロードロ合宿の準備はバッチリです。 
 
これまた物凄く楽しそう。
ライトもサイコンも充電しチェーンも清掃したので準備は完璧です。
問題は通勤でしか走ってない事だけど・・。  

 

IRC Formula PRO TUBELESS RBCC 700×25c 190121 ブラック

IRC Formula PRO TUBELESS RBCC 700×25c 190121 ブラック