子持ちペダル、子育てもヒルクライムもマイペース。

横浜市在住のロードバイク乗り。仕事と子育てと趣味をいい感じにできたら

クラブ・ロードロ草津合宿

10/8、9でクラブ・ロードロの2017年合宿に参加してきました。

今年の行き先は草津。総勢11名でのおじさん・グンマー合宿です。

okitakusst.blog.fc2.com

 

◼️ルートシェフによるルート

一日目:206km、3599up

 

二日目:270km、3138up

 

一日目は草津まで自走で走り、二日目は渋峠を登って降りて嬬恋パノラマラインを走り自走で帰ってきます。

もうすでにおかしい感じがしますが、輪行袋を荷物に放り込み、宿に送って準備オーケー。合宿の日を迎えました。

 

◼️一日目タイムテーブル

0245 起床

0400 集合

1600 宿到着

1830 夕飯

2000 飲み会

2300 就寝

  

久しぶりのグループライドは楽しいのだけど、とにかく速い、長い、辛い、脚が痛い。特にラスト200km近く走ってからの長野原から草津温泉までの登りは地獄でした。

 

僕はみんなの真ん中辺りを走っていたのだけど、だんだんバラけてしまい、前も後ろも仲間は見えずボッチ旅。三連休のため車道はバスや観光客の車で一杯で非常に走りにくかった。

 

先頭集団がコンビニ休憩をしているのに気付かず、一刻も早く追いつきたい僕は一人寂しく宿に到着。

皆が来るのを待ってチェックインして、軍曹と風呂に入り、M田さんと軍曹と洗濯して、晩飯食べ放題からの魚民で飲み放題でした。その後の部屋飲みに参加する力はなく敢えなくDNS。一日目は終了です。


f:id:komochipedal:20171011205612j:image
グループライドはやっぱり最高。


f:id:komochipedal:20171011205537j:image

軍曹と。このあたりはまだまだ楽しかった。 


f:id:komochipedal:20171012222315j:image
死屍累々。ロードロっぽくなってきました。

 

f:id:komochipedal:20171012061450j:image

やっと拝めた草津の湯畑。女子旅が多めな印象、と思ったら嫁も女友達と行ったことがあるそう。

 
f:id:komochipedal:20171012061302j:image

そして洗濯。ちゃんと洗濯ロープを持ってくるのが軍曹のデキるところ。また彼が持ってきてくれた洗剤(柔軟剤入り)で洗ったら次の日いい匂いでした。

 

◼️宿

草津温泉ホテルニュー紅葉

travel.rakuten.co.jp

宿は湯畑からは10分くらい歩きます、また最寄りのコインランドリーも5、6分くらい?でしたが、露天風呂もあり良い宿でした。合宿にはピッタリ。

浴衣や外履は貸してくれて、バスタオルも50円でフロントで借りれます。 


f:id:komochipedal:20171012061401j:image
スキー用の乾燥室を自転車置き場として使わせて下さいました。感謝! 


f:id:komochipedal:20171012061421j:image
夕飯。バイキング、ビールおかわり自由。

ここで腹一杯なのに、オキタク兄さんは魚民での鍋コースを用意してくれてる。さすがです。さらにビンゴ景品(じゃんけん大会になったけど)もありで、飲みクライムならぬ食べクライムもキツかった。。

 

 

◼️二日目タイムテーブル

0600 起床

0715 朝食

0830 スタート

1000 渋峠登頂

1130 下山後宿

1500 高崎で離脱

1600 山名八幡宮

1700 高崎

1830 川崎

 

宿を出るとすぐ登りで、のっけから膝が痛く無理かと思いました。けど木々は少し色付いており、ものすごく良い天気のなかを軍曹、N瀬さんと三人パックで登頂。

渋峠は林道からスタートし、やがて視界が開け、一瞬荒野のようになり、その後は大パノラマがずっと続きます。それを仲間と一緒に味わいながら走ることができました。

楽しみかたは人それぞれで、オキタクさん、坂バカさん、M田さんはデジカメを持ってきていたから、撮っては走り止まっては撮るを繰り返していたみたい。

三年ほど前に一人で渋峠を登った事があるのだけど、チームの仲間と一緒に登るのは格別でした。

f:id:komochipedal:20171012221617j:image

 
f:id:komochipedal:20171012221658j:image

 
f:id:komochipedal:20171012222151j:image
登頂しました写真。

渋峠は車やオートバイは多いけど斜度は緩めなので、ダイナミックに変わる風景を眺めていると負荷を感じずに楽しく登れます。

 

渋峠を下山した後は一度ホテルに戻り、荷物を積め直して発送。そして予定より押していたので、以下の4つの組に別れて一度解散することに。

①嬬恋経由の自走組(オリジナルのルート)

②嬬恋経由で高崎輪行

③嬬恋無し高崎経由で自走組

④嬬恋無し高崎輪行(最もチキン。僕)

 

③④チームとして、軍曹、N瀬さん、坂バカさん、イネキンタナさんと僕で高崎まで向かい、それから単独で寄り道してから新幹線で帰宅しました。

 
f:id:komochipedal:20171013063139j:image

信号で停まる度に道を調べつつ進みます。群馬良いところですね。


f:id:komochipedal:20171012062213j:image

寄り道して山名八幡宮へ。今回の個人的な目的地でもあります。

yamana8.net


f:id:komochipedal:20171012062451j:image

お土産。お守りとお菓子と。サコッシュしか持ってなかったのでちょっとだけ。

 

三連休の最終日のため高崎からの新幹線は激混みで指定席は完売、通路も人で溢れていて、その中に輪行袋を持ち込み心苦しかった。

けれどお陰で19時位には帰宅し、息子を風呂に入れる事ができました。

 

といった感じ二日目終了。

お泊まりでオッサン同士で何を話してるんだろう、というと大したことは話しておらず、ただただ雑談です。

イネキンタナさん『トシモスさんのように小さい子がいると、仕事と家族と自転車のバランスが難しいだろうけど頑張って!』

坂バカさん『(二日目の獲得予定標高を知って絶望している僕に)こんなに登れるなんてラッキーだね!』

オキタクさん 『(一日目の飲み会で疲れた果ててる僕に)なんか3歳位老けたんじゃないwww』

軍曹『(そんなに走れるのに、なんで強豪チームに行かないの?の質問に対して)俺、ロードロ好きなんだよ』 

 

また、今回も残念なことにアクシデントがありました。

クッシーが一日目の下りで落車してしまいました。幸い怪我は大したことなかったようですが、車体ダメージが大きそうだったので離脱することに。非常に残念です。さぞガッカリしているだろうからモチベーションの回復とともに早く復帰できることを祈ります。

 

といった感じです。アクシデントは残念ですが、それ以外は最高に楽しかった。こんな楽しい事をしている集まりはなかなか無いのでは??

幹事のオキタクさん、参加者の皆さん、バーチャル参加の皆さん、ありがとうございました!