子持ちペダル、子育てもヒルクライムもマイペース。

横浜市在住のロードバイク乗り。仕事と子育てと趣味をいい感じにできたら

BMXを買いました

『好きにすればいいんじゃない』

この言葉で数週間を乗り切りました。

 

GWが明け令和になり、すっかりロードバイクのシーズンなりました。毎日更新されるSNS空間でのライド自慢。ですが残念なことに僕の住んでいる子育て暗黒大陸では、休みの日に走りに行けるのは都市伝説となっています。

 

「抱っこ重いんです」→

『お父さま、お子さんを抱っこしてあげれるのは今だけなんですよ』

「娘がギャン泣きしてキツいんです」→

『お父さま、今だけです。お嬢様が年頃になると話す機会が減ってきて、その泣き声が懐かしくなりますよ』

「休みの日くらいチャリで走りに行きたいんです」→

『お父さま、お子様の毎日の成長を間近に見られる特等席にいるんですよ。なぜその席を離れようとなさるのですか』

 

そんななか、妻と『おれ新しいチャリが欲しいんだけど』と交渉の結果、前述の許可を得ました。

そう。BMXを買いました。

 

右も左も分からない。詳しい人は周りにいない。でも欲しい、やってみたい。僕はいつもこのパターンです。

 

購入したのは世田谷の名店、ネモトワークスさん(旧BMX RIO)さんです。

www.nemotoworks.net

 

息子の自転車を検討していたときに相談に乗って頂き(その時は残念ながら在庫がなかったのだけど)、自分のBMXはここで買おうと決めていました。

 

⚫要件

・バニーホップやマニュアルの練習ができる

・息子とサイクリングに行ける

・新横浜や潮風公園といったパークで走れる

・スマイルバイクパークなどダートで走れる

・通勤で走れる

どのくらい自走できるものなのかは謎ですが、まずはこのくらいシンプルな要件で。

 

⚫候補

なにせ初心者なのでルックスが気に入れば何でも良く、知っているメーカーも息子と同じダーカスワン、そしてHARO、cult、Sunday、WeThePeople、Mongouseくらい。

 

幾つか候補を挙げて相談したところ、やはりジオメトリが最重要とのこと。

結果、FIEND Type-O+(TYPE O+ 2019 | Fiend BMX)をお勧めして頂きました。

 


f:id:komochipedal:20190528193213j:image

久しぶりの新しい自転車。嬉しい。

写真だとかなりブラックカラーですが、実物はあずき色です。

見た目もなかなか格好良い。ロードバイクとは違った美しさがあるような。

 

第一印象は、ハンドル幅が広いのとタイヤが太い(2.4インチ=約6cm)ので「小さい自転車」という感じはあまりしません。そして重いです。約12kg。

 

ポジションもあまりにロードと違いますが、片道7~8kmほどの通勤なら大丈夫そうです。サドルの角度だけは辛いので何か考えます。

 

簡単に前輪が浮くので、こいつを自由自在に操れたらどんなに楽しいだろうか、どんな面白いことがあるのかワクワクします。

 

というわけで、ますますロードバイク的活動から離れてしまいました。

ロード→シクロクロス→BMXと来てしまいましたが、子供にロードの方に来てもらうより、自分がBMXの方に行ったほうが楽しいんじゃないかと思ってます。

パークやダートに興味がある人がいたら一緒に走りましょう!