子持ちペダル、子育てもヒルクライムもマイペース。

横浜市在住のロードバイク乗り。仕事と子育てと趣味をいい感じにできたら

ストライダーをカスタムペイント

上の子が使っていたステッカーをペイントし、娘のストライダーとしました。

 

男の子が二年間乗ったストライダー。

それなりに傷はついているけど、まだまだ使えます。これを女の子仕様に変更しようと、前からやってみたかったセルフペイントに挑戦です。

 

使ったのはSpray.Bike。詳しい説明は下記のサイトを見ていただくとして、これをずっと前から使ってみたかったのです。

www.cyclowired.jp

 

また自分でペイントしてみるにあたり、下記の記事がとても参考になりました。

tdigd.exblog.jp


⚫デザイン

僕の好みだと

ですが、

息子と妻からはNGをくらいました。


娘ままだ自分の好みを上手く表現できないので、彼女が好きな動物の『パンダを入れる』のと息子と妻の要望で『どピンク』。この二つが要件となります。



f:id:komochipedal:20191210235556j:image

案①動物とお花。

先程の作例を意識しています。やってみるとイラストレーターで絵を描くのがあまりにも大変なのが分かりこの案は無しに。


f:id:komochipedal:20191209121945j:image

案②動物園。

家にあった旭山動物園の手拭いと、パンダ柄のクッションをトレースしました。

二色のスプレーで塗り分けようかと思ったのだけど、セルフペイントがどんなものか全く分からないので柄はステッカーを貼ることに。

 

⚫買ったもの

・Spray.Bike Fluro Magenta

・イサム塗料 エアーウレタン

・カッティングステッカー

 

ステッカーは前に作って頂いたことのあるカッティングステッカー工房さんにお願いしました。

csk.finon.jp

 


f:id:komochipedal:20191221143404j:image

出来上がりはこのように。素晴らしい。

デザインがこまかく、細い線や点が多いのですが、ちゃんとステッカーになっています。

 

⚫作業
デザインが決まりいよいよ作業に取り掛かります。

 

①分解

まずはハンドル、タイヤなどを外しフレームだけにします。そして元々貼ってあるステッカーを剥がしていきます。


②サンディング&マスキング

f:id:komochipedal:20191209122509j:image

耐水ペーパーでラフにサンディングしました。「ストライダー スポーツ」に付属している交換用のシートポストを付け、スプレー時はここを持ちます。


③スプレー

近所の公園でブルーシートを敷いて、息子と一緒にペイントしてきました。


f:id:komochipedal:20191221143347j:image

仕上がりはなかなかの柚子肌、、、というかこんなにザラザラするもの??

塗装前にSpray.Bike缶を振るのが足りなかったのか、下処理が雑だったのか、スプレーを吹きすぎたのか。。。

 

この後ステッカーを貼り付けようと思っていたのだけど定着が悪く、こすると塗料がボロボロ剥がれていきます。

とりあえず、軽くクリアを吹いてからステッカーを貼ることにしました。

 

④ステッカー貼り付け

ここは神経を使う作業。子供が邪魔をする中で作業をしたので写真は無しです。

 

➄仕上げ

再度クリアを吹きます。ザラザラ面にステッカーを貼ったためすぐに剥がれそう。そのため分厚く吹きます。

f:id:komochipedal:20191222172921j:image
f:id:komochipedal:20191222172931j:image

全く均一に塗れずかなりムラがあり、気泡が出来てしまったり、塗料が溜まってしまったりアチコチ失敗してしまいましたが、それでも柄が入ると雰囲気が出てきます。

 

⑥組み上げそして完成。

f:id:komochipedal:20191223122829j:image

上がbefore、下がafter。



f:id:komochipedal:20191223210036j:image
f:id:komochipedal:20191222173102j:image
組み上げるとなかなかよい感じです。

 


f:id:komochipedal:20191222173457j:image

本人も気に入ってくれたみたいです。(ただし脚が短すぎて殆ど届いていない。。)

 

塗装は下処理が8割というけど、それだけでなくスプレー時の量もさっぱり分からずグダグダになってしまいました。

もしまたペイントする機会があるなら、しっかりサンディングし下処理をしておきます。

 

またストライダーはフレームが小さいので、スプレーするのも乾かすのも楽でしたが、これが自転車ならかなり大変そうです。相当広いスペースと時間を確保しないとできなさそう。(部屋の中に塗装&乾燥スペースを用意する必要がありそう)

 

ともあれ、二か月ほどかけてコツコツ進めていたので、一通り完成してほっとしました。反省点を挙げるときりがないし、ちょっとぶつけるとすぐに下の地が出てしまいそうですが、それも愛嬌。プロのペインターさんは凄いんだな、ということが分かりました。

娘は上のお兄ちゃんが自転車に乗るのを見ているので、ストライダーにも興味津々。

可能であれば2月のバイクロアに連れて行きたいと思っているので、会場で見かけたらよろしくお願いします。

それでは。