子持ちペダル、子育てもヒルクライムもマイペース。

横浜市在住のロードバイク乗り。仕事と子育てと趣味をいい感じにできたら

平和な日常の最後のロング

ついに非常事態宣言が出てしまいました。色々考えさせられることが多いですが、個人的には数日前の東京都医師会のメッセージが分かりやすかったです。

尾﨑会長より都民のみなさまへのお願い「もしも6週間みんなで頑張れたら」 | 公益社団法人 東京都医師会

 

正直こんなふうになるなんて想像もしなかった。当初は中国の一地方の流行り病くらいの認識でいました。少し前までは子供をスケボーパークに連れて行って一緒にBMXに乗ったり、CXのレースに向けてホイールを組んで喜んでいたのに。。

子供の感染のニュースも聞くようになってきたので非常に心配です。

 

f:id:komochipedal:20200326145308j:image

さて、少し前の事ですが久しぶりにロードで走ってきました。大げさかもしれませんがこれが僕たちが取り戻すべく「平和な日常」の写真なのだと思います。

 

まだ僕の周囲ではコロナウィルスの影響があまりなく、自転車で通勤しているため、都心の企業がテレワーク/時差出勤を始め、そのため電車が空いてきても、実感が湧いてきていませんでした。

大きな変化と言えば、保育園での送り迎え時に親はマスク必須になったこと。ただしそう僕に伝えた保育園の園長先生はマスクをしておらず、???。みんな混乱しているんだな、くらいに思っていました。(その園長先生も最近はマスクをするようになりました)

 

それでも春先に予定していたレースや旅行は全てキャンセルとなり、遠方の友達と会うような雰囲気でもなく、休みは公園で子供と遊ぶだけ。自粛のこんな情勢のなかで心くるしいのだけど、もう限界。気持ちが塞ぎこんでいたので仕事・家庭を無理やり調整して時間を作り、思いきって出掛けてきました。

 

ロードと言ってもシングルスピードのシクロクロス車だし、ロングは本当に久しぶりなので、無理をせず目的地は道志みちの道の駅としました。


f:id:komochipedal:20200328193207j:image

道志村の役場にて。自分達の村にロードレースのトレインがくるなんて素晴らしい。

オリンピックは一年伸びてしまいますが、来年は色々なことが落ち着いて、運営側も選手の方も楽しめますように。

 

この日は一日自転車に乗り、夜は気持ち良く眠ることができました。

どこかの意識の高いテキストで「cycling is therapy」と読んだけど、あながち間違っていない。木々や水を見ながら脚を回していると気持ちがほぐれてきます。

今思うとこれが最後のロングに行くタイミングだったので、行っておいて良かった。

 

◼️シングルスピードでのロングライド

今回は距離は152km、獲得標高は1731kmでした。バイクはいつものmudman、フロントはレーゼロでリアはエキセンハブのホイールです。

去年の今頃にシングルにして、一度にヤビツにも行ったのですが、ソロライドでのんびり走るだけなら全く問題なかったです。

 

ですがギアがあった方が楽しいだろうな、と思いました。

ギア比は2.0ですが、山伏峠まで行かないルートだとちょっと軽いし、やはり必要な速度域で踏めないのでロードバイクの楽しい所を味わいきれません。

あとちょっと回らない気がします。レーゼロの方がホイールは回っていた(下りでスピードが出た)気がします。

 

といった薄めの記事です。

要約すると『あの頃はよかった』と『ギアはあった方がよい』になってしまいそうですが、今は「みんなで我慢して乗り切ろうぜ」の時期で、これは天災ではなく僕たちの行動で乗り越えられると思っています。

自転車は三密には該当しにくいですが、それゆえに節度を保って明るく元気に過ごしていこうと思います。